人妻が出会いを求める年齢の限界は49歳って本当?

人妻の出会いを見ていると30~40歳の女性の層が最も多い事が分かります。確かにこの年齢に納得がいくと考える人もいるでしょう。まず家庭環境的に考えても20~30代で結婚・出産し30~40代で子育てが一段落つく年代です。

加えて30~40代だとセックスレスになる夫婦も増えて欲求不満を抱えています。欲求不満を抱えるのは男性も女性も同じだと思う人もいるかもしれません。しかし厳密には男性と女性とでは性欲のピークが異なるので女性の方が欲求不満の度合いが深刻だと言えます。

ちょうど女性は性欲のピーク時に夫婦はセックスレスになっているからです。家庭で性欲を発散できずにかといって男性のように風俗店のように外で性欲を発散できる場所もほとんどありません。その結果欲求不満の発散を求めて人妻が出会いを求めるようになる訳です。

さらに30~40代の女性は身体に老化を感じ始め自分が女としてまだ魅力的な存在なのか自信が揺らいでしまう時期でもあります。そのため女として求められたい、男性に裸を見られて「キレイ」だと褒められて自信を取り戻したいと思うのです。では30~40代の女性が出会いを求めるのは分かるけれど50代以降の女性は出会いを求めないの?

そんな疑問を持つ人もいるかもしれません。実は漢方医学では女性のセックスの限界は49歳という説が有力です。生涯現役でいたいと思う人もいるかもしれませんが漢方の「腎気の周期」を元に考えると限界説が49歳なのは理に適っていると言えます。

漢方医学では生殖能力の周期は女性は7の倍数で変遷します。14歳で月経が始めり子供を産む準備が備わります。そして21~28歳の間がもっとも腎気が成熟し子供を産むのに適した時期です。

最近の傾向では21歳で出産をする女性は珍しく30代以降の出産が増えています。しかし30代だと年々妊娠率も低下してしまうので妊娠を望んでいても妊娠せずに不妊治療を行う人も増える世代に突入します。そして女性の身体は35歳から老化を顕著に実感し始めて49歳で血行の流れが悪くなり閉経を迎えます。

もちろん個人差はありますが7の倍数を目安に自分の身体と向き合った方がいいのかもしれませんね。閉経を迎えた後も女性がセックスをする事は可能です。しかし濡れにくくなりセックスが感じにくくなったり性欲自体も衰えてくるため不倫というリスクを犯して不倫をしたいと考える女性は減少するでしょう。

加えて50代の女性は親の介護をする年齢でもあるので家庭環境的にも不倫をするのは難しくなってきます。そのため結果として30~40代をピークに50代以降で出会いを求める人は減少します。

コメント