出会い掲示板でスタイルのいい熟女に会った

スタイルのいい熟女に出会ったら、それだけで私はその日一日幸せな気分で過ごせますよ。

しかもその熟女を自分のセフレにできたら、さらに一か月は幸せな気分で過ごせますね。

先日、熟女掲示板でスタイルのいい熟女に出会ったんですよ。

彼女はおしりが小さくて足が細かったですね。

パンツを履いて、きゅっと引き締まったおしりでした。

脚が細いから大きく広げられそうだなと、ぼんやりと考えていました。

顔はよくても体にまで気が回っていない熟女はたくさんいるじゃないですか?

出会い掲示板ではそんな熟女に会うことは少ないんですけど、中途半端な人を見ると、どうして完璧を目指さないんだ?と考えてしまいますね。

でも、出会ったのは、まさにこんなのを待っていた!という熟女でしたね。

パンツを履いていたというのは、熟女本人も自分のスタイルに自信があったのかもしれません。

自信があるんだろうと思った私は、自信があるということは触っていいということだと考えて、そ~っと手を伸ばして彼女の脚に触れてみたんですね。

布越しだったけど、固めの感触が手のひらに感じられましたよ。

熟女を見つめながら太ももをナデナデしました。

これ欲しいなぁと股間に手を滑り込ませようとしたら、彼女が顔を近づけてきたんですね。

やっべ、やりすぎたと思った瞬間にチュッとされちゃいました。

お互いに気分が盛り上がってきたのでラブホテルへと行くことにしました。

でも、待ち合わせた公園には人気がなかったので、その気になればそこで最後までできたかもしれません。

股関節が柔らかいだろうとスケベな想像をしていたとおり、彼女の脚は大きく広がりましたよ。

仰向けになった彼女の足首を掴んでグイっと両サイドに広げたら、どこまでも広がりました。

最高で180度の開脚もできたらしいけど、年齢とともにだんだん広がらなくなったと恥ずかしがっていましたね。

それでも充分広がりましたから、いろんなところがよく見えましたね。

丸見えでしたよ。

熟女の丸見えのおマンコを見ながら足をペロペロ舐め上げました。

足を舐めているだけなのに、ひくひく動いているように見えましたよ。

舐めながら手を伸ばしておマンコの湿り具合を確認しました。

充分に湿ってきたところで、両足を持ったまま彼女の中に入れました。

コメント